Foomii(フーミー)

富坂聰ウェブマガジン こんな中国と世界を知っていますか?

富坂 聰(拓殖大学 海外事情研究所 教授)

富坂 聰

中国がいつまでも崩壊しないのはなぜ?北朝鮮で民衆蜂起が起きないのは?対立していたはずの米中が急接近、日本置き去りはなぜ?

それは日本人に国際社会が見えていないから。日本にない情報と見立てを提供します。

タイトル
富坂聰ウェブマガジン こんな中国と世界を知っていますか?
価格
900円/月(税込)
発行
毎週月曜日(第5週を除く)
課金開始月
購読した月から ※開始月(今月/来月)をお選びいただけます。
購読する
////////////////////////////////////////////////////////////////

富坂聰ウェブマガジン こんな中国と世界を知っていますか?

https://foomii.com/00141

////////////////////////////////////////////////////////////////

シンガポールで行われた日ロ首脳会談(11月14日)を受けて、メディアでは「二島(歯舞、色丹)先行返還」の議論がかまびすしい。翌日の『朝日新聞』の見出しは〈首相「2島先行返還」軸に日ロ交渉へ 4島一括から転換〉であった。

国内には「四島一括」の原則が崩れることへの警戒感も強く、与党幹部からも「(北方領土問題で)日本が主張してきた姿勢を急に縮小して対応することは適当ではない。」と、政権にくぎを刺す発言があったことが報じられた。賛否を巡る論戦は、今後もおさまりそうにないが、より大きなファクターとしての「アメリカの声」が聞こえてこないことが気になるといえよう。

二島であれ四島であれ「返還」が現実的になれば、最大の障害となるのが日米安全保障条約である。ロシアがこの問題を放置するはずはなく、アメリカも対ロシアのために第二艦隊を復活させるほど警戒感を示しているだけに、北方領土の利用価値を探ることになろう。

つまり、日ロ平和条約をめぐり、日本はにわかに米ロ対立の最前線に放り込まれる可能性が出てきたということだ。

これは安全保障の言葉でいう「巻き込まれ」――日本の視点から見て――であるが、視点を世界地図のずっと南方に向けてみると、これとは逆に小さなパワーが大国を「巻き込む」動きもみられる。

主役は、台湾である。

11月24日に投開票が行われた「九合一」(台湾統一地方選挙)では、全22県市の首長ポストのうち、15を野党国民党に奪われた与党・民進党が大敗した。原因は、低迷する経済だと考えられるが、中国への対決姿勢を打ち出した蔡英文台湾総統の対外政策でも支持を得られなかったようだ。

蔡総統は、選挙が近づくのに合わせてアメリカへと接近し、「台湾アイデンティティー」をアピールしてきたが、現状維持を望む有権者から厳しい審判を下された形となった。

2020年の総統再選にも黄色信号が灯ったとの見方が広がっているが、蔡総統の動向を苦々しく見守ってきた中国も、選挙結果を手放しで喜んでいるかといえば、決してそうではない。

それこそ、前述した台湾によるアメリカの「巻き込み」工作が本格化するのではないか、という懸念があるからだ。

舞台は、米中が熱い火花を散らす南シナ海だ。9月下旬には、「公海での航行自由原則を維持するための作戦」(FONOP)を実施していた米駆逐艦に、中国海軍の駆逐艦が異常接近する事態が話題となったばかりだ。

この南シナ海で中国が懸念することとは何か。

それは、追い詰められた台湾が、南シナ海に持つ空港(太平島)を、米軍のために差し出すのではないかということだ。もちろん現段階では頭の体操でしかないが、もし現実味を帯びれば、米中の対立を一気にエスカレートさせかねない破壊力を持つ。台湾側が話題にするだけでも、中国には十分なプレッシャーとなろう。

そもそも南シナ海におけるアメリカのポジションは、「航行の自由」を守るというもので、領有権に絡んでいるわけではない。そのため中国はことあるごとにアメリカを「域外国」と呼び、〝部外者〟であることを強調してきた。

6か国・地域が領有権を争う南シナ海では、本来、どこの国も開発を行ってはならないというのが海洋法の定めだ。そこに中国が空港を建設したのは、実は後発で、台湾、ベトナム、フィリピンに次ぐ4番目である。そのため空港に適した「場所」はなく、岩場を強引に埋め立てて空港を造らざるを得なかったのである。逆に早い段階で建設した台湾の空港は立派である。滑走路としてどこまで実用に適しているのか疑問符の付く中国のものとは雲泥の差だ。それを米軍が使用するとなれば、中国の行動は大きく制限されかねない。中国が懸念するのも無理からぬところだ。

繰り返しになるが、現状ではあくまで頭の体操なのだが、左右に大きく振れる不安定な政治環境になりつつある台湾では、可能性を100%否定することもできない。加えて、さまざまな重要なテーマを住民投票に委ねるという危ない選択も拡大の方向にあるから、なおのことだ。

だが、万が一台湾がそうした選択をしても、アメリカが簡単に基地を使うこともできない事情がある。

南シナ海の領有権をめぐる問題では、フィリピンがオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所に提訴し、2016年7月に裁定が出されている。その裁定のなかで「南シナ海にはEEZを設定できる島はない」との見解が示され、太平島も違法と位置付けられているからだ。中国ら裁定を守らせたいアメリカの立場からすれば悩ましい話だ。

つまり台湾が対中対立を「後戻りできないレベル」にまで悪化させる覚悟をしたとしても、すぐに動き出す問題ではないということだ。

日本の抱える北方領土問題と同じく、糸が複雑に絡まり過ぎているのだが、かつてのソ連崩壊のように国際政治は信じられないことが起きる場所でもあることを忘れてはならない。

////////////////////////////////////////////////////////////////
本メールマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ 有料メルマガの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
著者:富坂聰(拓殖大学 海外事情研究所 教授)
Twitter:https://twitter.com/satoshitomisak
////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 富坂聰ウェブマガジン こんな中国と世界を知っていますか?
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このメルマガを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのメルマガ

  • 2018年12月

このメルマガを読んでいる人はこんな本をチェックしています

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年12月19日に利用を開始した場合、2018年12月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2019年1月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する