Foomii(フーミー)

ベトナム在住・証券アナリストが見たベトナム株・日本株他

NINJA300(ベトナム在住・証券アナリスト)

NINJA300

【緊急レポート(2019/1/6):シナ。準備率引き下げ】
無料記事

ウェブで読む:https://foomii.com/00138/2019010615224551048
////////////////////////////////////////////////////////////////

ベトナム在住・証券アナリストが見たベトナム株・日本株他

https://foomii.com/00138

////////////////////////////////////////////////////////////////

【緊急レポート(2019/1/6)】ベトナム在住・証券アナリストがみたベトナム株

(アメリカ株式市場が急反発)
日本時間4日夜のアメリカ株式はNYダウで746ポイント(3.29%)高と大幅反騰した。どうやら前日(木曜日)の「アップルショック」が目先の底だったようだ。なお、4日(金曜日)はS&P500が3.43%高、ナスダック総合は4.26%高。


(S&P500の日足チャート、出典:マーケットスピード)




反騰の材料は過去10カ月で最も好調だった12月雇用統計とパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の若干タカ派的発言と報道されている。
(参考URL)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00010003-reutv-brf



一方、シナでは4日、シナ人民銀行(中銀)が景気後退への処方箋として、準備率(reserve requirement ratio , RRR)を段階的(1/15、1/25)に合計1%引き下げることを発表した。直近1年で5度目、5度の内で今回が最大引き下げ幅となる。引き下げ実施は資金需給がひっ迫する春節(2月上旬)前で、1月15日に0.5%、続いて1月25日に0.5%を追加引き下げする。シナは準備率の合計1%引き下げ実施によって8000億元、現在の為替レートで約1188億ドル(邦貨換算12兆8300円強)のマネーを市場に供給することになる。
現在、RRRは大企業が14.5%、中小銀行は12.5%。それぞれ、13.5%、11.5%へ変更される。

(シナのRRR推移グラフ)




シナ共産党の狙いは市場へのマネー供給によって景気を刺激することにある。しかし、昨年1年で上海総合指数は24.6%、深セン指数は33.2%のそれぞれ下落した。消失した時価総額は2市場の合計で2兆4000億ドル(約264兆円)であるから、まさに「焼石に水」である。

李克強首相は昨年、パキスタンのイムラム・カーン首相に20億ドルの追加融資を約束した。しかし、英フィナンシャル・タイムズ紙は、「送金は為されておらず、問い合わせに対しても北京当局は沈黙を守っている」と報じた。パキスタンルピーの急落とパキスタン株式の下落はそれを織り込むものだ。
シナは「ドル不足」が現状ですでに経済の血液「マネー」が滞っている。今後はさらに追加的な金融緩和を推し進めるだろうが、景気を全面回復させるにはいたらない一方で、深刻な副作用に襲われる可能性がある。


つまり、通貨乱発は自国通貨価値を減価させ、インフレを巻き起こす。現在、ドルにペッグする人民元は近いうちに通貨切り下げを実施するだろう。なお、トランプ大統領はシナの通貨安政策を非難しているので政治的判断から切り下げは遅れる可能性がある。
困ったことには、人民元の急落は南の隣国・ベトナムの通貨ドンの下落を引き起こすだろう。したがって、為替面から考える限りは、現時点でのベトナム株式投資には注意が必要である。もちろん、非常に割高なアメリカ株よりも新興国市場、特にベトナム市場はずっと割安でアンダーバリューであることに疑いはない。しかし、今後半年から1年またはそれ以上はかなり慎重な資産運用をすることを推奨したい。まずは大きな損失はしないことであり、現状であえて損失のリスクを取らないことをお勧めする。


以上



////////////////////////////////////////////////////////////////
本メールマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ 有料メルマガの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
著者:NINJA300(ベトナム在住・証券アナリスト)
ウェブサイト:http://ninjafighter.blog.fc2.com/
////////////////////////////////////////////////////////////////

今月発行済みのメルマガ

ここ半年のバックナンバー

2018年のバックナンバー

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2019年1月19日に利用を開始した場合、2019年1月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2019年2月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する