Foomii(フーミー)

ベトナム在住・証券アナリストが見たベトナム株・日本株他

NINJA300(ベトナム在住・証券アナリスト)

継続購読で1ヶ月目無料

NINJA300

ベトナム在住の証券アナリスト「NINJA300」が、ベトナム株式市場を中心に日本・アメリカ・タイ他の株式市場を見渡すメルマガです。

主な内容はベトナムの経済・株式の概況、上場銘柄ご紹介、個別銘柄情報、今後の展望など。ベトナムという国へのご理解を高めていただくための読み物的な経済成長の経緯のご説明等もしていこうと思います。加えて、他市場についても著者の考えをお伝えしたいと思います。

原則として発行回数は月一回としますが、重要な相場タイミングと思われる場合には臨時発行を考えております。有料メルマガですので「本音」で書こうと思っておりますのでご注意下さい。

タイトル
ベトナム在住・証券アナリストが見たベトナム株・日本株他
価格
540円/月(税込)、2019年10月から550円/月(税込)に変更します 継続購読で1ヶ月目無料継続購読で1ヶ月目無料とは
発行
毎月1回(相場動向等に応じて複数回になる場合もあり)
課金開始月
購読した月から ※2019年9月1日からの購読予約も可能です。
購読する
////////////////////////////////////////////////////////////////

ベトナム在住・証券アナリストが見たベトナム株・日本株他

https://foomii.com/00138

////////////////////////////////////////////////////////////////

(経済・株式概況)
10月、世界各国の株式市場は大幅に下落した。主な理由は基軸通貨国・アメリカの金利上昇(10月末現在、3ヶ月短期債は2.32%、3年債で2.90%)、米トランプ政権のシナ保護主義(注1)・知的財産権侵害などへの厳しい姿勢(米中経済戦争)、シナの不況入りなど。こうしたなか、VN指数は9月末(9/28)の1017.13ポイントから10月末(10/31)には102.37ポイント(10.07%)安い914.76ポイントで引けた。10月、VN指数は引け値ベースでの年初来安値888.82ポイントを記録している。注目すべきは外国人投資家売買高の急増で、外国人は売りが20兆8600億ドン、買いは30兆1330億ドン、差し引き9兆2730億ドンの買い越し。ベトナム株急落のなか、海外投資家は下値を拾った。なお、10月はS&P500指数が6.94%安、ナスダック総合は9.20%安、SET指数(タイ)は4.84%安、上海総合指数は7.75%安、日経平均は9.12%安と軒並み下落した。

ベトナムでは10月22日に第14期国会第6回会議(注2)が開会した。注目はグエン・フー・チョン書記長の国家主席兼務が承認されたこと。革命以来集団指導体制が伝統で、書記長、国家主席、首相の3地位を北部出身者、南部出身者、中部出身者で分け合うのが原則だったのだが、2016年初に当時のズン元首相(南部出身)をチョン書記長(北部出身)が追い落とした経緯がある。書記長と国家主席を兼務するチョン氏が大きな権力を掌握したことになる。チョン書記長はベトナム国民間で「シナのエージェント」と噂される人物で、2016年初のズン元首相失脚時にもシナからの資金と情報が大きな役割を果たしたと噂される。一方、国会ではフック首相が越経済を良好と評価、今年の経済目標のGDP成長率6.7%、物価上昇率4%以内を実現できると表明した。また、来年2019年経済目標はGDP成長率6.6~6.8%、物価上昇率年4%以内、輸出増加率7~8%とし、社会開発投資にGDPの33~34%を充てるとした。米格付け会社ムーディーズはベトナム経済について、経常黒字が継続的であり外貨準備を活かして経済は堅調に成長するとし、来年のGDP成長率6.7%を予想した。理由として、電子機器、繊維品、農産物などの輸出増、TPP(環太平洋連携協定)発効による安定した外資流入、従来と異なる力強い国内消費市場を挙げている。米中貿易戦争およびドル高の影響については経常黒字や豊富な外貨準備のため、経常収支赤字国ほど深刻ではないと分析。

とはいえ、越にとって中国は最大の貿易相手国であり、対中貿易の変化には細心の注意を払いたい。今年1~9月貿易収支(暫定値)では対中輸出は29.9%増の288億1000万ドル、輸入は12.8%増の472億6000万ドルで対中貿易赤字は184億5000万ドル。なお、全体の1~9月の貿易収支(暫定値)は輸出が15.8%増の1794億ドル、輸入は11.6%増の1731億ドル、同期間では過去最大の63億ドルの貿易黒字を記録した。

米中貿易戦争は越経済にとって功罪相半ばする。現段階で株式市場は通貨問題を絡めてリスク要因とみなす一方で、シナ企業の北部ベトナム移転の増加や縫製品バリューチェーンでは製造委託のシナ企業からベトナム企業移管が進捗している。メリットを得ている企業(例えば、縫製業・物流関連企業等々)は当然、口をつぐむ。儲けの種を他企業に奪われるリスクや当局の課税リスクだ。

こうした状況下、ベトナムでは成長株(グロース株)投資に徹したい。現況ではバリュー株は厳しいだろう。例えば、今年6月の相場低迷時に上場して割安と思われる株価で取引されている銘柄(YEG,TCB)など。

☆ベトナム株は横ばい予想。仮にVN指数が894ポイントを割った場合は下落トレンド入りと判断する。要注意。また、通貨ドンは人民元安が引き続けば、小幅切り下げの可能性がある。急激な人民元安は通貨ドン安を誘発し、変化を恐れる株価には大きな悪材料となる。
☆日本株は大きな下落相場後の揺り戻しの動きで暫くは余震が続く見通し。但し、今回の反騰もそろそろ終わりに近づいたと見立てる。米金利引き上げ、米シ貿易戦争(摩擦)、シナの不況、来秋の消費増税を考えれば強気にはなれない。10月2日高値(24448円)と10月26日安値(20971円)の半値戻し(22710円)手前までの反騰がせいぜいだろう。下値は21000円、上値は22700円で日柄調整の揉みあいが続きそう。

・銘柄紹介:ビングループ(VIC)
ビングループ(VIC)はベトナム最大の不動産会社で持ち株会社。ホーチミン証券取引所で最大の時価総額306兆3956億ドン(約1兆5067億円)、ホーチミン証券所全体の時価総額の約10.4%に相当を誇る。会長のファム・ニャット・ブオン氏は米誌「フォーブス」の世界長者番付(2018年版)に6年連続でランクイン、「ベトナムの不動産王」と呼ばれる。同氏はモスクワ留学を経て1993 年にウクライナで即席麺会社を設立し、今日の基礎を築いた。2001年に帰国し、不動産業のビンコム社とリゾート開発・観光業のビンパール社を設立する。その後、不動産ブームに乗って両社ともに証券市場に株式を上場した。なお、ホーチミン証券取引所で時価総額第2位(243兆5097億ドン)のビンホームズ(VHM)はビングループ傘下企業だ。

ベトナムは強固な官僚制を温存しつつ、市場経済導入によって大きく経済発展を遂げた。その一方で、社会の貧富差は拡大したが、ビングループ(VIC)は一言で云えば、ベトナムの豊かな人々富裕層」を顧客ターゲットにする企業といえるだろう。

ビングループ(VIC)がホーチミン市都心部に開発した、複合不動産ビル「ビンコムセンター・ホーチミン市」はドンコイ通り(「ベトナムの銀座」と呼ばれる)とレタントン通り(「日本人通り)と呼ばれる)が交差する「黄金の土地(Golden site)」に立地する。同ビル中階は「グレードA」の高級オフィス賃貸用、上階のマンション部分は1戸当たり数億円の価格設定でベトナムのセレブが居住する。また、低層階・地階の商業部分では日本と変わらない価格で高級ブランド品が販売される。また近々に完成する地下鉄駅とは地階からダイレクトで接続する。一方、リゾートでは南部海岸のニャチャン沖のホンチェー島(面積8万平米)でゴルフ場や高級ホテル等を開発した。ホンチェー島のビラ(別荘)は3~6億円程度の価格となる。著者はサイゴンも本チェー島も同社担当者の説明を聞きながら見学したことがあるが豪華で贅沢という印象が残った。ビングループは「ビンホームズ(高級住宅)」「ビンリテール(高級ショッピングモール)」「ビンパール(レジャー)」「ビンメック(高度医療サービス)」「ビンスクール(教育)」「ビンチャーム(スパ・美容)」「ビンファスト(自動車)」「ビンコマース(商業)」「ビンマート(小売り)」などを傘下に持つ。例えば、富裕層向け病院の「ビンメック」ではハノイのタイムズシティ(都市区)にあるビンメックに常設の首相専用室を設置する病院である。ビングループと政府の深い関係が伺える話ではないか。「ビンスクール」では富裕層子弟向けに質の高い教育を提供している。著者はタイに長期滞在したことがあるが、有名な「階級社会」タイの富裕層子弟が完璧な英語を話すのを知っている。が、ベトナムも近い将来そうなるのだろう。ビングループは格差社会ベトナムの富裕な面にフォーカスした企業である。

11月7日、ビングループおよびハノイ人民委員会などは、自動車レースのF1世界選手権シリーズ、ベトナム・グランプリ(GP)を2020年4月にハノイで初めて開催すると発表した。東南アジアでの開催はマレーシア、シンガポールに次ぎ3カ国目。F1運営の最高責任者チェース・キャリー氏は「ベトナムは活力にあふれた国で、世界が注目している」と語った。レースは、市西側のミーディン国立競技場周辺の全長5.565キロの周回コースを設定して行う計画。著者の住んでいるタワーマンションからミーディン国立競技場までわずか3キロ。このF1開催では「ビンファスト」のベトナム製自動車が注目を集めるのは間違いあるまい。

最後、投資対象としては、大きく上昇した後だけに、現在の環境ではお勧めできない。しかし、VN指数が大幅上昇するケースでは同銘柄の株価も大きく上昇すると考えられる。そういう場合に素早く投資するために、ある程度の情報を常に頭に入れておくことが大切と思う。


////////////////////////////////////////////////////////////////
本メールマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ 有料メルマガの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
著者:NINJA300(ベトナム在住・証券アナリスト)
ウェブサイト:http://ninjafighter.blog.fc2.com/
////////////////////////////////////////////////////////////////

  • ベトナム在住・証券アナリストが見たベトナム株・日本株他
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このマガジンを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのマガジン

  • 2019年8月

ここ半年のバックナンバー

  • 2019年7月

  • 2019年6月

  • 2019年5月

  • 2019年4月

  • 2019年3月

  • 2019年2月

2019年のバックナンバー

  • 2019年7月

  • 2019年6月

  • 2019年5月

  • 2019年4月

  • 2019年3月

  • 2019年2月

  • 2019年1月

2018年のバックナンバー

  • 2018年12月

  • 2018年11月

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたウェブマガジンのすべての記事を読むことができます。2019年8月19日に利用を開始した場合、2019年8月1日~19日に配信されたウェブマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2019年9月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する