Foomii(フーミー)

小野次郎の「主権者学のススメ」

小野 次郎(時事評論家)

継続購読で1ヶ月目無料

小野 次郎

我が国において主権者は、国民です。
国民は、有権者として選挙を通じて政治の形を選択します。
ところが、有権者が政治を判断する物差しとなる実践的教養を提供する仕組みは、学校にも社会にも存在しません。

就職して仕事に就けば、役所でも企業でも一定期間の初任研修や見習い期間があります。
国政の方は、18歳に至れば“初任教育”の機会は与えられないまま有権者権限を留保なしに行使しなければなりません。

本ウェブマガジンでは、現実政治を構成するファクターとプロセスを分かりやすく解説して政治を判断する実践的教養を提供します。

自分の 40年に及ぶ中央省庁、在外公館での勤務、総理大臣秘書官さらには衆・参両院議員並びに政党役員など貴重な経験を生かして情報発信に努めてまいります。その時折の時事問題全般に触れますが、際立つユニークな切れ味にご期待ください。

タイトル
小野次郎の「主権者学のススメ」
価格
864円/月(税込) 継続購読で1ヶ月目無料継続購読で1ヶ月目無料とは
発行
週一回以上
課金開始月
購読した月から ※開始月(今月/来月)をお選びいただけます。
購読する
////////////////////////////////////////////////////////////////

小野次郎の「主権者学のススメ」

https://foomii.com/00137

////////////////////////////////////////////////////////////////

「カジノ誘致に伴う国内対策を考える」

1.カジノ国内誘致への動き
IR法も成立し、政府も一部関係自治体も積極的にカジノ誘致に取り組もうとしている。カジノを観光の目玉として海外から多くの観光客を呼び込み、お金を落とさせることによって地域や国全体の経済活性化を図るもくろみである。今後、それぞれの自治体の首長選挙などの機会を通じて、地域住民の理解を得られたところから具体的なカジノ誘致が進められそうだ。

一方、IR法審議前から、カジノの国内誘致については反対論、慎重論も根強い。その多くは、地域の治安や風紀の乱れを心配する立場と、さらにカジノに入り浸りとなって不健全な生活に陥るいわゆる「ギャンブル依存症」の多発を恐れる意見である。誘致が現実の問題になるにつれ、警察に勤務した経験を持つ私に対しても、カジノ誘致に伴う諸問題について意見を求められる機会が増えている。


2.依存症とは?
「依存症」としてまず思い浮かべるのは、常習的飲酒による「アルコール依存症」であり、次いで覚せい剤などの反復使用による「薬物依存症」であろう。総じて「依存症」とは、使用を繰り返すうちに使用の量及びタイミングを自分でも抑制できなくなる著しい症状を伴う心身の病的状態である。パチンコ、競馬競輪などに入れ込み過ぎて、周囲の心配も耳に入らずに仕事を忘れ家族を忘れギャンブルに身を持ち崩す人々を見ると、確かにカジノを含むギャンブルは依存症の対象となり得る。

3.カジノにおける依存症対策
これまでもパチンコについては依存症対策としてさまざまな業界側の自主規制の努力が図られてきた。例を挙げれば、

1)パチンコホール内でのATM設置を規制する。
2)隣接エリアに置くATM機では、利用の際に警告を表示する。
3)ATM機にキャッシング機能は持たせない。
4)ATM機から一日に現金を引き出す回数と総額に上限を設ける。
などである。

おそらく、カジノに対する依存症対策もこのような前例を参考にして検討されるものと思われる。これらに加えて、⑸カジノ施設へのアクセスを外国人に限定するか、⑹日本人(若しくは地元住民)の利用に曜日や回数の制限を課すか、⑺カジノの終日営業を認めるか営業時間の制限を設けるかなどの点も、カジノに固有の依存症対策として検討されることになる。

4.カジノの本質的問題
カジノの問題点は、ドラッグや酒が依存症を生みやすい問題とは本質的に異なるという指摘がある。カジノで遊ぶ様々なゲームも、勝ち負けに「お金」を賭けない限りゲームそのものの依存症になることは考えにくい。ギャンブル依存症は、ゲームに原因があるのではなくて賭ける「お金」の方に依存症を生む原因がある。かつて偶然に買って大金を手にした記憶、あるいはこれまでの負けを一挙に挽回したい願望が本人をギャンブル依存症へと引きずり込むのである。様々なスポーツ、囲碁や将棋にも熱狂的なファンがたくさんいるが(通常は)お金を賭けていないため、依存症と呼ばれる現象は生じない。他方、競馬や競輪などいわゆる公営ギャンブルと呼ばれるものも、馬の改良や自転車の向上という公益性を兼ね備えており、勝ち負けによる「お金」のやり取りだけが目的とはなっていない。

機能はほとんど変わらないのにパチンコが法的にギャンブルとされないのは、ゲームに公益性が認められないからである。

5.マネ・ロンと反社勢力の関与を防止
カジノにはトランプやルーレットなどいくつものゲーム遊戯があるが、いずれも偶然の勝ち負けで「お金」のやり取りが生じる仕組みそれ自体が本質である。しかも、パチンコや競馬などと比べてもカジノは富裕層を対象に利用者からより多額のお金を使わせるために設けるものであるから、掛け金や利用回数に関するあまり厳しい制限を設けることは設置目的を失わせてしまう。

地域経済の振興策としてこれからカジノを誘致する趣旨を割り切って考えると、カジノにおける規制は、利用の制約を最小限度にとどめながら、カジノと我が国の社会的・国際的信用を失墜させないための内容に集中すべきであろう。

1)これまで触れた「カジノ依存症対策」と並んで、
2)国際的な脱税やマネー・ロンダリングにつながる不明朗な資金の流出入を根絶することと、
3)国際組織犯罪や暴力団など反社会勢力の関与や介入を完全にブロックする、
という点に集約されてくる。

これまで政府は、新たにカジノを導入する一方でギャンブル依存症は生まないと説明してきたが、より本質的な問題である⑵や⑶の問題については、厳格に臨む方針をあまり鮮明にしていない。

脱税やマネ・ロンに悪用されることを防ぐためには、金融機関並みの「本人確認義務」、一定金額以上の「キャッシュレス化」、キャッシング(借金)の厳格な制限などがカジノにおいても必要な筈である。
さらに反社会的勢力の関与や介入を防止するためには、入場料金や外国通貨と円間の両替、チップと円通貨間の換金の手数料については、最低限の公定率の範囲に留めるべきである。反社勢力は、「みかじめ料」などを要求する原資として、カジノ経営主体の懐に入るこの入場料や換金手数料などの「利益率」に注目している。

今後もカジノ誘致に先立って必要な対策について所見を公表したい。国内誘致後にカジノが大規模経済金融事犯の舞台に使われて国際的に不名誉な事態を招くことがないよう、手遅れにならない「カジノ対策」を政府には期待したい。


////////////////////////////////////////////////////////////////
本メールマガジンに対するご意見、ご感想は、このメールアドレス宛に返信をお願いいたします。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■ 有料メルマガの購読や課金に関するお問い合わせはこちら
  info@foomii.com 
■ 配信停止はこちらから:https://foomii.com/mypage/
////////////////////////////////////////////////////////////////
著者:小野次郎(時事評論家)
Facebook:https://www.facebook.com/jiro.ono.50
Twitter:https://twitter.com/onojiro
////////////////////////////////////////////////////////////////

  • 小野次郎の「主権者学のススメ」
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このメルマガを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのメルマガ

  • 2018年11月

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年11月19日に利用を開始した場合、2018年11月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年12月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払いをご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する