Foomii(フーミー)

北浜流一郎の株で儲かり続ける新次元への旅立ち リスクヘッジ投資法の極意

北浜流一郎(株式評論家)

北浜流一郎

「先生、嘘でしょう?」 

「東京市場が急落、急反発、そしてまた急落、
と超波乱の展開を続けて、ほとんどの投資家が大損していても、
自分だけは損失をほとんど出さないか、出ても少額ですむ。

それどころか暴落、急落、乱高下・・・、多くの場合このような波乱の影響を打ち消して、資金を安全に増やせる投資法があるなんて、信じられません」

よく、こういわれます。

でも、実際にはあるんです。

私がそれに詳しいので、詳細をご紹介します。

日本ではそれについて語った書籍はまだありませんし、
ネットでも詳しい説明は見たことがありません。 
メルマガの配信もありません。
(ただネット、メルマガはすみずみまで調べたわけではないので、少数例があるかもしれません)

その意味では、日本初です。

もちろん日本初だからといって、
実際に成果をもたらすものでなくては意味がありません。

この点、どうなのか。

100%の成果を約束するなんてことは出来ませんが、
あなたの投資を根幹から変える投資法であり、
永続的にあなたの資金を守りながら増やしてくれる。
こんな優れた投資法であることをお約束します。

ぜひ、あなたも良かったらご講読ください。


リスクヘッジ投資法とは、一体どんなものか。

株式投資をしている以上、リスクを意識しない投資家はいないでしょう。

しかしリスクを念願通り回避できるでしょうか。
なかなか難しいのが実際です。
そこで登場するのがリスクヘッジ投資法になります。
上下動の激しい東京株式市場で、
安定的に収益を上げ続けるために、
様々な投資手法があります。

それらの中に不思議なことに国内ではほとんど取り上げられたことのない方法、

ロング・ショート投資法があります。

これはヘッジファンドが使っているとされているものの、
その内容が詳細に明かにされたことはなく、
また実行者の運用ぶりが紹介されたこともありません。

そして、毎年数えきれないほど次々と出版される個人投資家向き株式投資の本の中にも、
その手法を詳細に紹介する本が一冊も出版されていないのです。

類似の投資手法として「サヤ取り」と呼ばれやり方があります。
しかしそれはヘッジファンドのやり方とは似て非なるものです。

それにしてもなぜその手法が紹介されることはないのか。

知人の編集者数人に聞いてみたところ、
答えはみなさん一つでした。

非常に有効な手法ではあるものの、
実践者が極めて少ない。

要するに読者がほとんどいないと考えられるため、出版するのは非常にリスクが高い・・と。


それならば・・・。

自分でその必要性と効果を一人でも多くの個人家に知ってもらい、実践し、大事な資金を安全に増やしてもらいたい。

そしてさらに欲を言わせてもらうなら、
家族へもしっかりとノウハウを伝えることで、妻子や孫が将来株式投資で資金の運用を心がけた場合、大事な資金を守り、増やしてくれるものにしたい。

こんな思いに駆られ、このメルマガを発行することにしました。

そのため例え読者がお一人であったとしても、
メルマガは配信し続けます。

それが次第に一人、また一人と増えて、
読者が5人になれば嬉しいですし、
さらに10人になれば万歳を叫びたいほどです。

それだけ投資で儲かる人が増えることになるからです。
そしてその方がリスクヘッジ投資法を身近な人に伝えてくれれば、さらにこの投資法で豊かになる人が増える。

こうなる楽しみが持てます。

ぜひあなたもこの日本で唯一となる、

リスクヘッジ投資法の極意

をマスターして世界でもっとも対応しにくい、
波乱が常態になっている東京市場で、
安定的に資金を増やして下さい。
よかったら、ぜひご講読ください。

タイトル
北浜流一郎の株で儲かり続ける新次元への旅立ち リスクヘッジ投資法の極意
価格
9,800円/月(税込)
発行
毎週一回以上
課金開始月
購読した月から ※開始月(今月/来月)をお選びいただけます。
購読する
■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

北浜流一郎の株で儲かり続ける新次元への旅立ち

リスクヘッジ投資法の極意

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

2018年3月?日(?)号(サンプルですので正式な日付はありません)

こんにちは。
株で1億円作ろ、悠々人生! の北浜流一郎です。

リスクヘッジ投資法とは、一体どんなものか。
株式投資をしている以上、リスクを意識しない投資家はいないでしょう。
しかしリスクを念願通り回避できるでしょうか。
なかなか難しいのが実際です。
そこで登場するのがリスクヘッジ投資法になります。

■リスクヘッジ投資法入門講座

株が下げたらこうしよう、
と考えているのが普通です。

たとえば、10%下げたら売ろうとか、
20%下げたら、などという悠長な人も。

それを実行できるかどうかはまったく別問題なのですが、
実際にはそれぞれリスク回避策を持っている。
こういえます。

それならば、それらが有効に働き、
ほとんどの投資家は儲かっていなければなりません。

しかし実際には苦戦している人が多い。

それはなぜか。

従来リスク回避法として知られているやり方が、
ほとんど効果がないか、
実行されていないから。

こう見る他ありません。

実際、私に言わせると、
たとえ実行したとしても、
従来の回避法ではリスクの回避は極めて困難、
いや、ほとんど効果がないとまでいえます。

では、どうしたらよいのか。

私が実行しているやり方を今後紹介していくことになリますが、
それを理解し、活用していただくには、
実際にリスクヘッジ投資法を試みながら、
理論をしっかり押さえてもらう。

これが大事になります。

単に実行するだけでは、
なぜそうしなけれならないか分からず、
確信が持てないことから、
実際の投資も腰が座ったものにならないからです。

そこで、まずはリスクヘッジ投資法の根幹を、
少々退屈かもしれませが、
しっかり頭に刷り込んでいただきます。


■リスクヘッジ投資法の実例

リスクヘッジ投資法では、

買い銘柄と空売り(株価が下げると儲かる)する銘柄、
これら2銘柄をセットにして売買することになりますので、
その具体例を紹介します。

なぜその株を買ったのか。
また、なぜその株を信用売りしたのか、

この点について具体的な銘柄を取り上げて理由を述べ、
投資の参考にしてもらいます。

たとえば、以下のように。

今週の買い建て、売り建て銘柄

[買い銘柄]

銘柄  5678 音羽電機(サンプル記事のため架空銘柄です)

購入価格  4500円

投資資金  451000円

売却価格  4680円

購入日   3月1日


[売り銘柄]

銘柄  8765 大阪電機

購入価格  4300円

投資資金  384000円

購入日   3月1日

AB銘柄の損益    

今後の対処法

 買い銘柄である音羽電機は期待以上の利益を出せた。
売り銘柄の大阪電機は売り値から小幅に上昇してまい、
同社単独ではマイナスが出てしまったものの、
両銘柄ペアで見た場合、プラスであり、明日にも手仕舞たい。


■過去売買の評価









■リスクヘッジ投資に役立つ名言、書籍紹介









■編集後記

その時々のニュースを紹介、
息抜きをしてもらいます。

 
今回は以上です。

次回配信は3月5~7日(水)にります。
他にない有効情報満載で配信しますので、しばらくお待ちくださ
い。

----------------------------
★重要事項
掲載される情報は、北浜流一郎(株プロセレクター)が、信頼でき
ると判断した情報源をもとに作成・表示したものですが、その内容
及び情報の正確性、完全性、適時性について、
当人および株式会社フーミーは保証を行なっておらず、また、いか
なる責任を持つものでもありません。この点、ご理解のほどよろし
くお願い致します。

実際に売買される場合、最終決定はお客様ご自身の自己責任のもと
に行なっていただきますよう、お願い申し上げます。

なお改めてお断りしておきますが、当メルマガは、永続的に投資収
益を積み上げていただくために有効な、投資理論、理論に基づいて
私が選択したサンプル銘柄、
売買法などをネット上で不特定多数の方に学んでいただくための投
資教育を目的としています。

運用助言ではありませんので、個別の対応は致しかねます。

助言業では不特定多数の読者に対してのそれは禁じられていますの
で(特定の方のご相談に応じては不特定多数にならないからで
す)、この点ご理解よろしくお願いいたします。

運用助言をご希望の方はそのための特別レポート(個別のご相談に
応じています)があります。
(詳細⇒http://kabu-rich.com/fand.htm)、
こちらにご参加下さい。

★解除方法
メルマガの解除はマイページよ
りお願いします。
https://foomii.com/reader/index
--------------
発行者:北浜流一郎
(株プロセレクター)
http://kabu-rich.com/    

▼登録に関する問い合わせ先
 info@foomii.com
--------------

  • 北浜流一郎の株で儲かり続ける新次元への旅立ち リスクヘッジ投資法の極意
  • 最後までお読みくださり、ありがとうございます。
    このメルマガを購読しませんか?
購読する

今月発行済みのメルマガ

  • 2018年12月

ここ半年のバックナンバー

  • 2018年11月

  • 2018年10月

  • 2018年9月

  • 2018年8月

  • 2018年7月

  • 2018年6月

2018年のバックナンバー

  • 2018年11月

  • 2018年10月

  • 2018年9月

  • 2018年8月

  • 2018年7月

  • 2018年6月

  • 2018年5月

  • 2018年4月

  • 2018年3月

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年12月19日に利用を開始した場合、2018年12月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2019年1月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

購読する