山田順の「週刊:未来地図」 ― 日本は?世界は?今後確実に起こる未来の歩き方。ときどき、取材裏話、スクープ、身辺雑記。
山田順の「週刊:未来地図」 ― 日本は?世界は?今後確実に起こる未来の歩き方。ときどき、取材裏話、スクープ、身辺雑記。

なぜアメリカと日本はここまで違うのか?(2) ニューヨークのトイレがウオッシュレットになる日

山田順の「週刊:未来地図」 ― 日本は?世界は?今後確実に起こる未来の歩き方。ときどき、取材裏話、スクープ、身辺雑記。

発行者:山田順(ジャーナリスト・作家) 価格:840円/月(税込)

 

2017/12/01 11:00 配信の記事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            山田順のメールマガジン「週刊:未来地図」

                          No.338 2017/12/01
         なぜアメリカと日本はここまで違うのか?(2)
        ニューヨークのトイレがウオッシュレットになる日

    ウェブで読む:http://foomii.com/00065/2017120111000042679
    EPUBダウンロード:http://foomii.com/00065-43245.epub

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回は、毎週火曜日配信のレギュラー版とは別のイレギュラー版です。ただし、前回に続いて、日米の違いについての考察の2回目をお届けします。
 先月からニューヨークに長期滞在してつくづく思ったことがいくつかありますが、そのうちの一つが、なぜ、アメリカではウオッシュレットが普及しないのかということです。実際、アメリカのトイレはどこに行っても、ウオッシュレットではありません。
 ウオッシュレット愛用歴30年、ウオッシュレットを日本が生んだ素晴らしい発明の一つと思っている私としては、これは本当に残念なことです。なぜ、アメリカではウオッシュレットが受け入れないのでしょうか?

 [目次]──────────────────────────────────

■5つ星ホテルでさえウオッシュレットではない
…
…
…(記事全文5,638文字)

バックナンバーを購入すると全文読むことができます。
⇒ 購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

※ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年7月19日に利用を開始した場合、2018年7月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年8月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

継続利用で1ヶ月目無料とは

初めてご利用される場合、2ヶ月以上の継続利用をしていただくと、最初の1ヶ月分のご利用料金が無料となります。詳しくは「継続利用で1ヶ月目無料」をご覧ください。

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

プロフィール

山田順

ジャーナリスト・作家
山田順

1952年、神奈川県横浜市生まれ。
立教大学文学部卒業後、1976年光文社入社。『女性自身』編集部、『カッパブックス』編集部を経て、2002年『光文社ペーパーバックス』を創刊し編集長を務める。
2010年からフリーランス。現在、作家、ジャーナリストとして取材・執筆活動をしながら、紙書籍と電子書籍の双方をプロデュース中。
主な著書に『TBSザ・検証』(1996)『出版大崩壊』(2011)『資産フライト』(2011)『中国の夢は100年たっても実現しない』(2014)など。翻訳書に『ロシアンゴッドファーザー』(1991)。近著に、『円安亡国』(2015 文春新書)。