ぐっちー編集長の有料メルマガ「経済ZAP」
ぐっちー編集長の有料メルマガ「経済ZAP」

週刊 ぐっちーさんの経済ZAP!! 2018年7月9日発行

ぐっちー編集長の有料メルマガ「経済ZAP」

発行者:ぐっちー編集長(アルファブロガー/経済金融評論家) 価格:977円/月(税込)

 

2018/07/09 06:30 配信の記事

2018年7月9日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━
週刊 ぐっちーさんの経済ZAP!!
http://guccipost.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━
*****************
今週のマーケット
*****************

東証定点観測
 7月 2日 21,811.93 ▼492.58 2兆2993億円
 7月 3日 21,785.54 ▼ 26.39 2兆5299億円
 7月 4日 21,717.04 ▼ 68.50 2兆1276億円
 7月 5日 21,546.99 ▼170.05 2兆2565億円
 7月 6日 21,788.14 △241.15 2兆4274億円       

先週の日銀砲 (ETF 設備投資ETF J-REIT)
 7月 2日  0   12億円  0
 7月 3日  0   12億円  0
 7月 4日 705億円 12億円 12億円
 7月 5日  0   12億円  0
 7月 6日  0   12億円  0

さすがの日銀も球切れなのか否か、このあたりは慎重に判断する必要がある。
1万7千円割れも視野に入れて弾を込めて居る可能性はある。

さて米中関税問題に関しては日経がこんな書き方をしている。

【ニューヨーク=中山修志、広州=中村裕】米中による貿易戦争は世界の企業活動に打撃を与える。米中企業への影響だけではない。制裁対象の自動車などは世界各地にサプライチェーンがあり、日本企業の中には部品供給の見直しや製品価格引き上げを検討する動きも出てきた。巨大な米中市場が停滞すれば、両国で投資を控える企業が増える可能性があり世界経済にも影響を及ぼす。

…
…
…(記事全文9,619文字)

この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。
⇒ 購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

※このメールマガジンはバックナンバーを販売していません。
読みたい場合は定期購読を開始してください。

2018年7月に配信されたバックナンバー一覧

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年7月19日に利用を開始した場合、2018年7月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年8月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

プロフィール

ぐっちー編集長

アルファブロガー/経済金融評論家
ぐっちー編集長

1960年生まれ。1983年應義塾大学 経済学部 卒業。
丸紅を経て、1986年ウォールストリートへ。モルガン・スタンレー、ABNアムロなど欧米の金融機関を経て、ブティックの投資銀行を開設。
M&Aから、民事再生、地方再生まで幅広くディールをこなす一方で「ぐっちーさん」のペンネームでブログ、を中心に経済金融評論家としても活躍し、2007年にはアルファブロガー・アワードを受賞。AERAでは既に7年間「ぐっちーさんのここだけの話」を連載中。
2010年より岩手県紫波町「オガールプロジェクト」のファイナンスアドバイザーに就き、公民連携として日本初の補助金を使わない民間資金によるファイナンススキームの導入に成功する。
現在このプロジェクトは第3期計画である「オガールセンター」の建設にステージが進みその完成に尽力している一方で、日本全国の地方再生案件に主にファインシャルアドバイザーとして参画し、多くの事実上倒産した公共案件の「後始末」を通じて地方財政の再建にも寄与している。