三井環メールマガジン ― 法務検察の闇を斬る

三井環メールマガジン ― 法務検察の闇を斬る

三井環(元大阪高検公安部長) : 発行者Webページ

価格:864円/月(税込) 発行:毎月 1日、10日、20日(祝祭日を除く)
課金開始月:購読した月から ※開始月(今月/来月)をお選びいただけます。

法務検察の実態については多くの国民は知らない。それは司法記者クラブ所属の大手マスコミが法務検察と一体となって、法務検察の都合の悪いことを報道しないからである。その一例が法務検察の組織的な裏金づくりの犯罪である。

年間約6億にも及んだ裏金づくりの犯罪を全く報道しないため、国民の多くはその実態を知らない。法務検察幹部が遊興飲食、ゴルフ代、マージャン代等に使ったのである。

それは国民の血税である。

自民党政権と法務検察が一体となって法務検察の組織的な裏金づくりの犯罪をひた隠しにしている。菅直人政権になってもそれは全く変わらない。菅政権は「むだ使いの一掃」をスローガンにするが、まず解明されなければならないのは犯罪である裏金づくりの実態ではないか。法務検察を恐れて全く手を付けようとはしない。

村木厚子事件では主任検事の前田恒彦、その上司の佐賀副部長、大坪特捜部長か逮捕・起訴された。フロッピーディスクを改竄して虚構のストーリーを維持するため犯罪行為までやってのける。その犯人を上司が隠蔽する。それは裏金づくりの犯罪を隠蔽し続けている法務検察の体質と同じではないか。

村木事件では無罪となっても検察トップは責任を取ろうとしない。トカゲのしっぽ切りをする。検察OBは法務検察と一体となって法務検察にとって都合の悪いことは発言しない。いわゆる持ちつ持たれつの関係にある。

私は約29年間検事を経験し、高知地検次席検事、髙松地検次席検事、名古屋高検総務部長、大阪高検公安部長と幹部検事を約10年間経験したので、法務検察の実態は知りつくしている。多くの評論家、ジャーナリストはその実態を知らない為、事件等の真相にはせまれない。法務検察を恐れて自らに危険が及ぶことは書けない。私は法務検察を恐れることは何もない。

法務検察の闇を書きたいと思う。

 

サンプルページも用意しています。URLはこちら
http://foomii.com/00027/sample

今月発行済みのメルマガ

2017年12月

※今月発行済みのメールマガジンはバックナンバーの購入はできません。
定期購読を開始するか、来月までお待ちいただくとバックナンバーとして購入できます。

プロフィール

三井環

元大阪高検公安部長
三井環

1944年愛媛県生まれ。中央大学法学部卒業。
1972年検事に任官。高知、高松地検次席検事時代には数々の独自捜査を成功させた。1999-2002年、大阪高検公安部長。
2002年4月に現職、実名で検察の裏金告発のため、テレビ朝日「ザ・スクープ」に出演しようとしたが、収録の3時間前、大阪地検特捜部によりでっちあげ事件で口封じ逮捕された。裁判では無罪を主張し、最高裁まで争ったが、1年8ヶ月の実刑が確定。
2008年10月に収監。2010年1月18日に満期出所した。
著者に、『告発!検察「裏ガネ作り」』(光文社)、『検察との闘い』(創出版)、
『「権力」に操られる検察』(双葉新書)「検察の大罪」(講談社)

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2017年12月19日に利用を開始した場合、2017年12月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年1月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2017年12月19日に利用を開始した場合、2017年12月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年1月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

プロフィール

三井環

元大阪高検公安部長
三井環

1944年愛媛県生まれ。中央大学法学部卒業。
1972年検事に任官。高知、高松地検次席検事時代には数々の独自捜査を成功させた。1999-2002年、大阪高検公安部長。
2002年4月に現職、実名で検察の裏金告発のため、テレビ朝日「ザ・スクープ」に出演しようとしたが、収録の3時間前、大阪地検特捜部によりでっちあげ事件で口封じ逮捕された。裁判では無罪を主張し、最高裁まで争ったが、1年8ヶ月の実刑が確定。
2008年10月に収監。2010年1月18日に満期出所した。
著者に、『告発!検察「裏ガネ作り」』(光文社)、『検察との闘い』(創出版)、
『「権力」に操られる検察』(双葉新書)「検察の大罪」(講談社)