小菅努のコモディティ分析 ~商品アナリストが読み解く「資源時代」~
小菅努のコモディティ分析 ~商品アナリストが読み解く「資源時代」~

軟化し始めた国際原油市況、1月の高騰局面と何か変わったのか?

小菅努のコモディティ分析 ~商品アナリストが読み解く「資源時代」~

発行者:小菅努(商品アナリスト) 価格:1,944円/月(税込)

 

2018/02/08 19:33 配信の記事

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


           小菅努のコモディティ分析
       ~商品アナリストが読み解く「資源時代」~

  2018年02月08日(木)発行
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


===================================
  軟化し始めた国際原油市況、1月の高騰局面と何か変わったのか?
===================================

<季節要因に基づく短期需給の緩み>
内外の原油相場が漸く軟化し始めた。NYMEX原油先物相場は、年初の1バレル=60.20ドルから1月25日には66.66ドルまで値上がりしていたが、足元では61ドル台まで急反落している。ICEブレント原油先物相場も1月25日の71.28ドルをピークに、65ドル水準まで反落している。原油相場は昨年9月から5カ月連続の上昇中だが、2月は6カ月ぶりの下げ相場となる可能性も現実味を帯び始めている。


こうした原油安圧力については幾つかの要因に分解することが可能だが、最も注目すべきは為替市場で急激なドル安圧力にブレーキが掛かっていることだ。今年は欧州中央銀行(ECB)や日本銀行の政策正常化を巡る思惑から急激なユーロ高、円高トレンドが形成され、その結果としてドルは急落していた。しかし、1月30~31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)、そして2月2日の1月米雇用統計を受けて米金融政策の正常化圧力も強まる中、足元ではドル安圧力が一服していることが、為替要因に基づくドル建て原油相場の急騰にブレーキを掛けている。

…
…
…(記事全文4,113文字)

この記事には続きがあります。全てをお読みになるには、購読が必要です。
⇒ 購読中の読者はこちらからログインすると全文表示されます。

※今月発行済みのメールマガジンはバックナンバーの購入はできません。
定期購読を開始するか、来月までお待ちいただくとバックナンバーとして購入できます。

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2018年2月19日に利用を開始した場合、2018年2月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年3月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

プロフィール

小菅努

商品アナリスト
小菅努

1976年千葉県生まれ。筑波大学卒。商品先物取引会社の営業本部を経て、同時テロ事件直後のニューヨーク事務所にてコモディティ・金融市場の分析を学ぶ。帰国後は調査部門責任者を経て、2016年にマーケットエッジ株式会社代表に就任。商品アナリスト。

貴金属、非鉄金属、原油、天然ゴム、穀物、砂糖、コーヒーなどのコモディティ市場全般をカバー。マクロ的な視点に基づく需給分析を得意とする。Yahoo!ニュース「コモディティアナリストの視点」、Twitter(@kosuge_tsutomu)での情報提供も行っている。

商品アナリスト・東京商品取引所認定(貴金属、石油、ゴム、農産物)