「視点を広げる - 大西宏のマーケティング発想塾」
「視点を広げる - 大西宏のマーケティング発想塾」

小売業は新しい価値の創造が焦点に

「視点を広げる - 大西宏のマーケティング発想塾」

発行者:大西宏(コア・コンセプト研究所代表取締役) 価格:515円/月(税込)

 

2017/08/02 16:53 配信の記事

EPUBダウンロード:http://foomii.com/00021-40965.epub
ウェブで読む:http://foomii.com/00021/2017080216534840374

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

小売業は新しい価値創造が焦点に

2017年8月2日号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

小売業を俯瞰してみると、ひとつは百貨店やGMS(総合スーパー)が衰退期に入り、これまで日本の流通業の成長を支えてきたコンビニ、またデフレ時代の勝者としてもてはやされたユニクロが成熟期にはいってきたことと、EC、とくにアマゾンの伸びが著しいことでしょうか。先週号でもアマゾンについては触れました。

しかし、GMSにしても、コンビニにしてもまだ伸びしろがあるのではないかと思えてなりません。なぜなら、GMS不振の最大の理由は、衣料品販売の不振で、コンビニに関してはもう10年一日のように古いフォーマットを守り、進化が止まってしまっていたように見えるからです。

脱「カリスマ」で変化しはじめたセブン&アイ

───────────────────────────────
どころがこのところ面白いと思う動きが感じられるようになってきました。まずはセブン&アイです。セブン−イレブンが、流通の神様とまでもてはやされた鈴木前会長の呪縛から逃れたかのように、新たなフォーマットの店舗を広げてきています。

冷凍食品は販売スペースが従来の2倍となり、取り扱いアイテム数も約80と旧レイアウトより約30アイテム増やし「中食」を取り込む売場構成に変え、また洗剤やシャンプー、トイレットペーパーなど購買頻度の高い日用品の大容量タイプもそろえきています。さらにファミリーマートと同じく、イートインのスペースも提供しています。

日経トレンディの記事によると新レイアウト店舗をすでに全国約300店で導入。2017年度内に新店の1100店舗、既存店の800店を新レイアウトにし、2021年までに国内店舗(2017年6月末時点で1万9588店)の約半分となる1万店以上に導入する計画だそうです。
セブン新大型店を解剖! スーパーマーケット化進む? - 日経トレンディネット :
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1019373/072800094/

この売場づくりは、北海道のコンビニ、セイコーマートを彷彿とさせます。というかセイコーマートを参考にしたのかもしれませんが、コンビニがミニスーパー化する流れです。ちなみにセイコーマートはイートインコーナーだけでなく、店内調理を行う店もあり、外食産業からも顧客を吸収しています。

高齢化が進むと、GMSのように品揃え売りにすると、商品アイテム過剰と売場が広くなりすぎ、高齢者にはかえって買い物が苦になってきます。しかも、購入量が少なく、できるだけ近くに立地し、コンパクトな売場で、吟味された品揃えがあるほうがあっています。食品のミニスーパーが好調なのもそれが理由でしょう。

…
…
…(記事全文3,087文字)

バックナンバーを購入すると全文読むことができます。
⇒ 購入済みの読者はこちらからログインすると全文表示されます。

※ひと月まとめて購入するとさらにお得です。

2017年8月に配信されたバックナンバー一覧

月途中からのご利用について

月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます。2017年12月19日に利用を開始した場合、2017年12月1日~19日に配信されたメールマガジンが届きます。

利用開始月(今月/来月)について

利用開始月を選択することができます。「今月」を選択した場合、月の途中でもすぐに利用を開始することができます。「来月」を選択した場合、2018年1月1日から利用を開始することができます。

お支払方法

クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済をご利用いただけます。

クレジットカードでの購読の場合、次のカードブランドが利用できます。

VISAMasterJCBAMEX

銀行振込での購読の場合、振込先(弊社口座)は以下の銀行になります。

ゆうちょ銀行 楽天銀行

解約について

クレジットカード決済によるご利用の場合、解約申請をされるまで、継続してサービスをご利用いただくことができます。ご利用は月単位となり、解約申請をした月の末日にて解約となります。解約申請は、マイページからお申し込みください。

銀行振込、コンビニ決済等の前払いによるご利用の場合、お申し込みいただいた利用期間の最終日をもって解約となります。利用期間を延長することにより、継続してサービスを利用することができます。

プロフィール

大西宏

コア・コンセプト研究所代表取締役
大西宏

コア・コンセプト研究所代表取締役/ビジネスラボ代表取締役
生活用品・インテリア・化粧品・デジカメ・産業財などあらゆるジャンルのマーケティングを実践し、CI、人事システム、情報システム開発などのプロジェクトまでこなす。
現在は自身が企業の代表を勤めながら、日本を代表するブロガーとして多くの企業人から絶大な支持を得ている。